乳酸菌は善玉菌を増やす@期待される働き - Just another WordPress site

胃のトラブルを解消する乳酸菌

近年、20代~30代の若い世代を中心に、逆流性食道炎が増えてきているという。

 

元来、「胃には胃液の高い酸性の働きにより、微生物はほとんど存在しないだろう」とされてきた。

 

しかし、近年の研究により、「胃にも唾液とほぼ同程度といえる種類の微生物が存在する」ということが判明した。
そして、前述した胃のトラブルには、こうした微生物の働きが関係しているのではないかというのだ。

そこで、胃の中で働く乳酸菌である「LG21乳酸菌」の登場だ。
「LG21乳酸菌」を食生活に取り入れることで、胃の不調を低減させることができるという。

「LG21乳酸菌」は、胃酸に強く、胃粘膜に膜を作る働きをし、そして何より一般的な乳酸菌よりも長く胃にとどまることができ、胃の中に棲みつくピロリ菌を抑制する働きがある。

 

ピロリ菌は5歳未満で感染し、何十年もの間、人の胃の中に棲みつづける。
このピロリ菌の働きにより、胃の粘膜が老化することによって、消化性潰瘍などが発生しやすくなってしまうというのだ。

 

「LG21乳酸菌」を摂取することにより、このピロリ菌の除菌率は約10%もアップするという。

おやつ代わりに「LG21乳酸菌」の入ったヨーグルトを摂取するなどして、異の健康生活を心がけてみてはいかがだろうか。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。